成瀬川(なるせがわ)は、秋田県雄勝郡東成瀬村および横手市を流れる河川である。古くは田子内川と呼ばれていた。

成瀬川
水系 一級水系 雄物川
種別 一級河川
延長 41.291 km
平均流量 -- m³/s
流域面積 -- km²
水源 栗駒山秋田県雄勝郡東成瀬村
水源の標高 -- m
河口・合流先 皆瀬川(秋田県横手市
流域 秋田県雄勝郡東成瀬村、横手市
テンプレートを表示

東成瀬村南端の栗駒山付近に源を発し北へ流れる。なるせ温泉付近で西に転じ、横手市増田町戸波付近で皆瀬川合流する。

橋梁編集

下流より記載

  • 成瀬川橋
  • 成瀬大橋
  • 真人橋
  • 菅生橋
  • 新菅生橋
  • 田子内大橋
  • のぞき橋
  • 猿橋
  • 肴沢橋
  • 椿台橋
  • 耳脇橋
  • 谷地橋
  • 草の台橋
  • 土寄橋

並行する交通編集

道路編集

成瀬ダム建設問題編集

成瀬ダムは、東成瀬村の成瀬川上流で計画されている多目的ダムで、1973年に県が予備調査を開始し、91年度から国の直轄事業に移行したが、環境破壊や、過疎化による水利利用者の減少などを理由に反対運動が起こった。一時建設見直しとなったが、2012年11月、国は継続を発表した。[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「脱ダム」ならず? 朝日新聞デジタル「マイタウン 秋田」

関連項目編集