メインメニューを開く

成田 親泰(なりた ちかやす)は、戦国時代武将山内上杉家の家臣。武蔵国忍城主。

 
成田親泰
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 天文14年4月17日1545年5月27日
官位 下総守
主君 上杉憲政
氏族 成田氏
父母 父:成田顕泰
長井実治
長泰小田朝興泰季、善照寺向用斎、太田資顕室、近江守

略歴編集

成田氏藤原師輔の流れを汲む。成田顕泰の子として誕生。

関東管領上杉憲政に仕える。天文10年(1541年)に上杉憲賢と結んで上野国横瀬泰業を攻撃した。

天文14年(1545年)、死去[1]

脚注編集

  1. ^ なお、旧説であった大永4年(1524年)没は父・顕泰の事とされている。