メインメニューを開く

成田 顕泰(なりた あきやす)は、室町時代後期から戦国時代にかけての武将山内上杉家の家臣。武蔵国岩付城忍城主。

 
成田顕泰
時代 室町時代後期 - 戦国時代
生誕 寛正6年(1465年)?
死没 大永4年6月8日1524年7月9日
改名 景泰(初名)→顕泰
官位 下総守
主君 上杉顕定顕実
氏族 総社長尾氏成田氏
父母 父:長尾忠景、養父:成田正等
兄弟 長尾顕忠長尾定明顕泰長尾景致
親泰

略歴編集

総社長尾氏5代当主・長尾忠景の三男として誕生。成田正等(自耕斎、岩付正等)の養子となる。文明12年(1480年)、養父・正等が隠居し家督を継いだとされる。

山内上杉家に従い、明応6年(1497年)頃に関東管領上杉顕定の偏諱を受け「顕泰」と名乗る。その頃の居城は岩付城であったことが判明しており、このときまでに養父が築き、後に太田道灌によって奪われた岩付城を奪還したと考えられている[1]。その後、太田氏の勢力再興と共に永正6年(1509年)に支城の忍城に移った。

永正の乱では甥の長尾顕方と共に古河公方足利政氏、関東管領・上杉顕実に従い、横瀬景繁長尾景長と戦ったが敗退、新しく関東管領となった上杉憲房に降伏した。

大永4年(1524年)、死去。なお、旧来の成田氏の系譜では文明16年(1484年)没とされ、大永4年に没したのは嫡男の親泰とされてきたが、近年の研究において成田氏代々の当主の死没日の記事が1代ずつずれている事が明らかとなった。

脚注編集

  1. ^ 道灌の死後、長享の乱に乗じたものか。