成皋郡(せいこう-ぐん)は、中国にかつて存在した郡。

534年天平元年)、東魏により北豫州の下部に設置された。下部に成皋県鞏県を管轄し、郡治は成皋県に設置されている。556年天保7年)、北周は成皋郡を滎州に移管するとともに、滎陽郡を廃止し成皋郡に移管、郡治も滎陽県に遷されている。隋朝が成立すると583年開皇3年)に廃止され、管轄県は鄭州の直轄とされた。

管轄県の変遷編集

成皋郡の管轄県
東魏 北斉 北周
成皋県
鞏県 成皋県に編入 -
- 滎陽県
- 密県