メインメニューを開く

戸田蔵人

戸田 蔵人(とだ くらうど、1980年6月5日[1] - 2015年12月29日)は、日本のモトクロスレーサー。愛称はクラウディ茨城県土浦市出身。

来歴編集

6歳からモトクロスをはじめ、17歳でプロに転向する。2003年全日本モトクロス選手権国際A級125ccクラス 総合3位に入賞する。2008年6月に岩手県藤沢町のコースでヤマハとスズキの合同練習に参加した際に大事故で脊髄を損傷する[2]

その際、医師からは自力で歩くことができないことを宣告され、車いす生活を強いられるが、「絶対に歩けるようになる」と信じ、専門の医師を訪ねるなどして治療に当たる。その後は再起を誓い、車いすでも操縦ができるように改良した自分専用のモトクロッサーを製作し、体をモトクロッサーに縛り付けた状態で大会に出場した。[3]

2015年12月29日、かすみがうら市内の私設サーキットでジャンプの練習中に、バイクが着地した際に出火し、体をモトクロッサーに縛り付けていたため逃げ遅れて大やけどを負い死亡した。35歳没[4]

出典編集

  1. ^ 世界に挑戦する車椅子ライダー戸田蔵人”. SPORTS JAPAN GATHER (2015年3月1日). 2015年12月29日閲覧。
  2. ^ 戸田蔵人がヤマハ発動機などを相手どり損害賠償請求”. DirtNP ダートエヌピー. 2015年12月29日閲覧。
  3. ^ 「車椅子のモトクロスライダー・戸田蔵人」
  4. ^ “ジャンプ練習中、出火しライダー死亡”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2015年12月29日). http://mainichi.jp/articles/20151230/k00/00m/040/032000c 2015年12月29日閲覧。 

外部リンク編集