メインメニューを開く

技術評価応用庁(ぎじゅつひょうかおうようちょう、インドネシア語: Badan Pengkajian dan Penerapan Teknologi、 BPPT)は、1974年1月28日に設立され、インドネシアにおいて必要とされる科学および技術の評価、その応用を図る政府機関。

初代(1974-1998年)長官はユスフ・ハビビ(後にインドネシア第3代大統領になった)。2006年までは、研究・技術担当国務大臣がBPPT長官を兼務していた。

BPPT

ミッション編集

  • 業界の競争力を向上させる
  • 技術分野におけるコミュニティ開発エージェントとしてBPPTを達成する。
  • 技術評価の方針と実施を開発する。
  • 主要な技術の中心地および優秀な人材としてのBPPTの開発