抗菌外用薬(こうきんがいようやく)とは、基剤に抗菌活性をもった薬剤(抗生物質合成抗菌剤)を含有させた外用剤のこと。[1]

薬理編集

抗生物質や合成抗菌剤の作用により、細菌感染をきたした病巣で、細菌を駆除する。

真菌ウイルスの感染症治療薬は、薬理が異なり、抗菌剤とは呼ばない。

作用部位による分類編集

編集

点眼剤として「クラビット点眼液」「ガチフロ点眼液」などがある。

編集

点耳薬として「タリビッド耳科用液」などがある。

編集

点鼻薬として「点眼・点鼻用リンデロンA液」(ベタメタゾンフラジオマイシンの合剤)などがある。

皮膚編集

「ダラシンTゲル」、「バラマイシン軟膏」などがある。

脚注編集

  1. ^ 皮膚科外用療法の原則: 皮膚科疾患: メルクマニュアル18版 日本語版