メインメニューを開く

換局(ファングク、かんきょく、환국)は、朝鮮で政局の転換を意味する言葉。

目次

庚申換局編集

詳細は庚申換局を参照
1680年(粛宗6年)に発生し、庚申大黜陟または庚申黜陟とも呼ばれる。この庚申換局により南人政権が崩壊し、西人が政権を掌握する結果をとなる。 1674年(顕宗15年)礼訟での勝利で政権を掌握した南人は顕宗に続いて王位に上がった粛宗からは信頼を得られなかった。これは南人同士が、宋時烈の処罰をめぐって淸南、濁南に分かれてお互いに争い、一方では権力を掌握した南人勢力にたいしての嫌気のためだった。 庚申年1680年3月南人であり領議政の許積が祖父の許潜のための延諡宴(諡号を受けた際の祝宴)をひらいた。この時、粛宗の舅で西人の金万基の毒殺が噂された上に、下賜されるべき龍鳳遮日(雨天用テント)が勝手に持ち出されたことから、粛宗の怒りを買い、南人の失脚を招いた。これにより、鉄原に流刑されていた西人の金寿恒は領議政となり、朝廷の要職はすべて西人が掌握することになった。 参考:http://terms.naver.com/entry.nhn?cid=200000000&docId=1164155&mobile&categoryId=200000329

己巳換局編集

1689年(粛宗15年)に発生する。粛宗は西人が提起した元子問題を口実に西人を失脚させる一方、南人を再び重用することになる。

甲戌換局編集

1694年(粛宗20年)に発生し、甲戌獄事とも呼ばれる。粛宗は張氏を禧嬪に冊封し、後に王后の座に上げたが、張氏の挙動が非常に野放図だったので、粛宗はこれに対抗して仁顕王后を復位させ、南人を退出させる。これによって西人が再び政権を執ることになる。

丁未換局編集

1727年(英祖3年)に発生する。英祖は党派心が非常に強い者らを排除するために蕩平策を推進する。これを契機に、西人から分派した少論は失脚するが、また別の西人である老論はそのまま政権を執る。