播半(はり半)は、かつて心斎橋兵庫県西宮市に存在した創業1879年(明治12年)の老舗料亭。

概要編集

初代播磨屋半兵衛が明治12 年に心斎橋で創業した料亭。 兵庫県西宮市甲陽園へも出店し、戦前は大阪市内三店と甲陽園の四店で営業されていた。

谷崎潤一郎細雪』にも登場する料亭

大阪市内にあった三店は太平洋戦争時に焼失。

甲陽園にかつて存在した播半(はり半)は阪神間モダニズム時代の1927年(昭和2年)に建設されたが、2005年(平成17年)閉店。跡地は日本エスリードによる分譲マンションエスリード西宮甲陽園」となっている。

文献編集

脚注編集

[ヘルプ]

外部リンク編集