阪神間モダニズム

阪神間モダニズム(はんしんかんモダニズム)とは、日本1900年代から1930年代(特に大正期から昭和初期[1][2])にかけて「大阪市神戸市の間」を指す「阪神間[1]を中心とする地域[注釈 1][注釈 2]において育まれた、近代的芸術文化・生活様式とその時代状況を指す。

旧阪急梅田駅コンコース(大阪市) ※現存せず
カトリック夙川教会(西宮市)

なお「阪神間」という地域概念は曖昧であり、その範囲には諸説がある[1]

1990年代以降、阪急沿線都市研究会編『ライフスタイルと都市文化 阪神間モダニズムの光と影』(1994年)や、『「阪神間モダニズム」展』(1997年兵庫県立近代美術館西宮市大谷記念美術館芦屋市立美術博物館芦屋市谷崎潤一郎記念館の同時開催)などを機に提唱された、郷土史・地域文化史の概念である。

明治維新から大正・昭和初期を経て第二次世界大戦終結までの77年間に、戦前近代化過程で起こった黎明期の文化現象を対象とする。その後の戦後復興期高度経済成長期バブル期など戦後の時代については通常は含めないが、戦後から現代に至るまでの時代にも阪神間モダニズムの影響を色濃く見ることができる。

関西大手私鉄系グループ(鉄道不動産)などの企業による観光マーケティングや地域ブランディング、地元自治体によるまちおこしの観点からも注目され、2017年2月からは阪神電気鉄道と沿線の神戸市芦屋市西宮市の合同企画事業として「阪神K・A・Nモダニズム」が行われている(名称はそれぞれの頭文字を取ったもの)[2][3][4][5]

経緯編集

19世紀末の大阪は、東京を上回る日本最大の商業都市であった[6]。また、神戸東洋最大の港湾都市へと拡大していた。

当時の近畿地方では、アメリカ合衆国の例にならったインターアーバン(都市間電車)路線の建設が相次ぐ。阪神電気鉄道本線1905年開業)を嚆矢とし、続く箕面有馬電気軌道(後の阪急宝塚本線1910年開業)、阪神急行電鉄神戸本線1920年開業)といった各線の開通によって、未開拓な後背地であった神戸近郊北摂近郊の農村地帯が注目される。こうして、風光明媚な六甲山南斜面の鉄道沿線である阪神間で、快適な住環境創造を目的に郊外住宅地の開発が進められた。したがってこの地区の都市的・文化的な発展と、関西私鉄資本の導入は不可分の関係にあったといえる。

まず明治期に、阪神の豪商等の豪壮な邸宅が、旧住吉村(現在の神戸市東灘区住吉各町および灘区六甲山町東部)地域に陸続と建築され、このエリアに居住する富豪数が日本最多となった[7]

大正期には、実業家に加え当時の新興階級であった大卒のインテリサラリーマン層、すなわち無産中流階級の住宅地として発展し、文化的・経済的な環境が整ったことから芸術家文化人などが多く移り住んだ。この流れと併行して、19世紀末から六甲山上および緑豊かな市街地となった山麓に、ブルジョワと呼ばれる富裕層を対象とする様々な文化・教育・社交場としての別荘ホテル・娯楽施設が造られ、西洋式の大リゾート地が形成された。

このようにして、西洋文化の影響を受けた生活を楽しむ生活様式が育まれていった。なおこれらの地域は、現代でも高級住宅地ブランド住宅地として全国屈指のエリアとなっている。

また首都圏においても、田園都市株式会社東急の前身)によって建設された田園調布などの東京近郊の高級住宅地などに、阪神間モダニズムの影響を見ることができる。

当時建設された主な施設・邸宅等編集

阪神間の主な居住者編集

阪神間では、当地に居を移した阪神の富裕層を中心に、多くの芸術家が誕生した。1923年関東大震災を逃れた東京の芸術家らが移住したこともあり、活況を呈することになった。

芸術家編集

財界人編集

芸能人編集

その他編集

参考文献編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 神戸市東灘区灘区須磨区)、芦屋市西宮市宝塚市伊丹市川西市など。[要出典]
  2. ^ のちにはスプロール(都市拡大)に伴い、阪神間東部の豊能地域(箕面市池田市豊中市)にも拡大した。[要出典]

出典編集

  1. ^ a b c 阪神間モダニズム 公益財団法人 西宮市大谷記念美術館
  2. ^ a b 「阪神K・A・Nモダニズム」~インスタグラム投稿キャンペーンを開催~ 神戸市、2018年11月9日、2021年2月14日閲覧。
  3. ^ 阪神K・A・Nモダニズム 知る・見る・巡る 阪神KANお散歩マップ 阪神電気鉄道、2021年2月14日閲覧。
  4. ^ 阪神K・A・Nモダニズム 芦屋市、2021年2月14日閲覧。
  5. ^ 阪神K・A・Nモダニズム 神戸、芦屋、西宮と阪神電鉄が地域の魅力を共同発信 20日からスイーツスタンプラリー/兵庫 毎日新聞阪神版、2018年2月11日、2021年2月14日閲覧。
  6. ^ [1][リンク切れ] 大阪市経済局
  7. ^ 山本ゆかり・萬谷治子・加藤拓郎. “住宅総合研究財団研究論文集 No.31、2004年版『旧住吉村の住宅地開発とその特徴 - 日本の近代萌芽期における郊外住宅地 -』”. 住宅総合研究財団. 2019年4月16日閲覧。
  8. ^ 長沢伸一 (2019年6月25日). “幻の社交場、藤田ガーデン 神戸・須磨にあったその面影探る”. 神戸新聞NEXT. 神戸新聞. 2020年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月20日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集