放伐(ほうばつ)とは、中国史において、次の天子となるべき有徳の諸侯などが、無道な暴君暗君を天下のために、討伐して都から追放するという行為である。

概要編集

かつての中国の伝説においては、有徳な君主から有徳な人物へ天子の位が譲られた(伝説上の禅譲)とされた。しかし夏の時代にいたって世襲制度になった。その世襲の王朝が交替する場合は、放伐がなされるようになった。王朝の末期に暴君王をの湯王がうち破ったのが最初であるとされる。

ただし夏王朝の実在性については、未だ議論の最中であり、確定はしていない。歴史上明らかな放伐の最初は、の武王がの暴君帝辛(紂王)を討った事例である(『史記』の記述)。

湯王と武王の故事に由来するので湯武放伐(とうぶほうばつ)ともいう。その名の通り、その後の中国史においては、放伐の事例はあまり見られない。実質上は明らかな放伐であっても禅譲の形式を踏んだり、漢民族以外の異民族の侵入によって王朝の交替がなされた。

関連項目編集

  • 禅譲
  • 天命
  • 易姓革命
  • 名分論
  • 孟子』 - 放伐を肯定。紂王は仁をそこない、義を破った為、君主ではなくなり、主君殺しの罪に当たらないとした。
  • 古学山県大弐 - 放伐を肯定。
  • 山崎闇斎 - 放伐を否定。湯王・武王よりも文王のような態度を支持した。
  • 上田秋成 - 放伐を否定。国学者の立場から『雨月物語』巻一「白峯」において、孟子の放伐肯定に対し、否定論を記述している