教務(きょうむ)とは、

  1. 学校予備校学習塾等において、教育学習に関する事務のこと
  2. 教団宗派などでの宗門上の事務のこと

をいう。

以下、学校等に関する教務(特に学校に関する教務)について述べる。


学校予備校等において教務(きょうむ)とは、教育学習に関する事務を指す。特に学校においては、校務分掌の1つとして、ほぼ全ての学校で位置づけられている。

概要編集

教務は基本的に、学校等において、その運営に関する事務の全般を受け持つ。生活指導進路指導に比べると、直接的に児童生徒学生に関わる部分が薄いため、普段児童・生徒・学生が意識する機会は少ないであろうが、学校等の運営の根幹となる分掌である。学校等によって異なるが、具体的には以下のような仕事が挙げられる。

学校等によっては庶務を兼ねていることもあり、その場合は特に職員室や印刷室など、教職員が使用する施設・設備の管理を請け負うこともある。具体的には、

  • 職員室のレイアウトの検討
  • 印刷室内の紙類の整備

などである。

特に近年、学校等のコンピュータの普及も手伝って、コンピュータに関する機材の管理を教務で扱う学校等が多い。

関連項目編集