授業(じゅぎょう、: lesson, class)は、学校教育などにおいて教科科目などの教育として行われるもののことである。大学課程短期大学の課程、大学院の課程を含む)などにおける授業は、講義演習実験実習実技に区分される。

目次

概要編集

教師教科書を用い、教科・科目などの内容を学習者説明解説する方法が代表的である。教科書を読み上げたり読ませたりするなどして教える授業方法は講義といい、法令用語としても使われている。

講義の英称lecture」を動詞として使用する場合、「講義する」のほかに「叱る」という意味を持っている。一方向的な教化は、学習者がしばしば退屈したり、飽きたり、うんざりさせられるため、授業中の私語を招き、教師が学習者を叱ることがある。「lecture」の「叱る」という意味は、そのあたりの事情を反映していて、意味が深い。

このように学習者の興味を引かないことは学習効果を下げるという批判から、学習者の関心を尊重することの大切さ、自主性を引き出すような授業の必要性、問題解決学習の実践といったことがいわれるようになってきた。

授業の種類編集

授業は、おおむね次の形態分類できる。なお、日本初等教育小学校などにおける教育)や中等教育中学校高等学校などにおける教育)においては次の授業区分はなく、各種の指導方法が組み合わされて実施される。

すべての教育形態において行える授業編集

面接授業
「面接授業」とは、講義演習実験実習もしくは実技のいずれか、またはこれらの併用により行う授業のことである。もっとも一般的な授業であり、授業というと、この形態が連想されることが多い。このうち、講義・演習は座学に分類され、実験・実習・実技は非座学に分類される。
メディアを利用して行う授業
「メディアを利用して行う授業」とは、講義、演習、実験、実習もしくは実技のいずれかによる授業またはこれらの併用による授業を、多様なメディアを高度に利用して当該授業を行う教室など以外の場所で履修させる授業のことである。2000年代からは通信教育課程に限らず、実施されることが増えている授業形態である。

通信教育制度においてのみ行える授業編集

放送授業
主として放送その他これに準ずるものの視聴により学修させる授業のことである。日本においては、放送大学日本放送協会学園高等学校(NHK学園高等学校)による授業が知られている。
印刷教材などによる授業
印刷教材のほか、これに準ずる教材を送付もしくは指定し、主としてこの教材により学修させる授業のことである。通信教育の課程においては、「面接授業」や「メディアを利用して行う授業」と並んで一般的な授業形態である。

関連項目編集