メインメニューを開く

敬虔(けいけん、: ὁσιότης , εὐσέβεια: pietas: piety)とは、古代ギリシア以来の西洋の徳目の1つであり、親や神々に対する忠誠心、崇敬心、心を意味する。

キリスト教で敬虔というと、信心[1]を意味するプロテスタントの用語である[2]

目次

歴史編集

古代ギリシャ編集

プラトンの対話篇では、『エウテュプロン』でこの概念が主題的に扱われる他、『プロタゴラス』や『ゴルギアス』でも、四元徳知慮正義節制勇気)と並んで言及される[3][4]

古代ローマ編集

中世編集

脚注・出典編集

  1. ^ 例えば『新約聖書』の『使徒言行録』3章12節を参照。
  2. ^ 塩谷惇子「信心」『岩波キリスト教辞典』、第2刷、2008年、590頁。
  3. ^ 『プロタゴラス』330B-C
  4. ^ 『ゴルギアス』506D-507C

関連項目編集