(さいき かづ、1964年7月22日[1] -)は、日本小説家推理作家

斉木 香津さいき かづ
誕生 (1964-07-22) 1964年7月22日(59歳)
日本の旗 大分県
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士
最終学歴 横浜市立大学文理学部卒業
活動期間 2008年 -
ジャンル ミステリー
性愛小説
代表作 『凍花』(2010年)
主な受賞歴 小学館文庫小説賞(2008年)
デビュー作 『千の花になって』(2008年)
ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

経歴・人物

編集

大分県生まれ[2]横浜市立大学文理学部卒業[3]。2005年、『琥珀ワッチ』が第17回日本ファンタジーノベル大賞で最終候補となる(斎木香津名義)[4]。2008年、「千の花になって」(受賞時タイトル「千の花も、万の死も」)で第9回小学館文庫小説賞を受賞する(優秀賞は藤井建司「ある意味、ホームレスみたいなものですが、なにか?」で、佳作は泉スージー「秘密の花園」)[5][6]。小説家デビューを果たす。

2013年、中居正広がラジオ番組「Some girl' SMAP」(9月28日放送)で、ミステリー小説『凍花』を読んだ感想を話したことで、同書がAmazon.co.jpのミステリー・サスペンス・ハードボイルドのベストセラーで1位になるなど大ヒットする[7][8][9]。『凍花』をイヤミスと評する向きもあるが、斉木自身はイヤミスとして書いたわけではないとしている[10]。2014年に発表した『日本一の女』では、大分弁を取り入れた。「地方出身者は、田舎を自然に書くことができるという強みがある」と語っている[10]ルース・レンデル作品などを愛読している[11]

著作

編集

単著

編集
  • 千の花になって(2008年8月 小学館
  • 凍花(2010年10月 双葉社 / 2013年2月 双葉文庫)
  • 幻霙(2013年12月 双葉社 / 2018年2月 双葉文庫)
  • 日本一の女(2014年6月 小学館 / 2017年2月 小学館文庫)
  • 五十坂家の百年(2015年4月 中央公論新社 / 2017年10月 中公文庫)
  • 四十歳の言いわけ(2016年8月 双葉社
  • 沼に沈む骨は愛を語らない 超能者には向かない職業(2020年1月 双葉文庫)
  • 女王は孤独を言い訳にしない 超能力には向かない職業2(2020年6月 双葉文庫)
  • それなら、誰のために人を殺すのか 超能力には向かない職業3(2020年11月 双葉文庫)

単行本未収録短編

編集
  • 「やさしい眠り」(『小説推理』2009年12月号)
  • 「いちばん大切なもの」(『小説推理』2010年5月号)
  • 「おいしいおかし」(『月刊ジェイ・ノベル』2014年1月号)
  • 「嵐の夜に」(『月刊ジェイ・ノベル』2014年8月号)
  • 「捜し物はなんですか」(『小説推理』2014年11月号)
  • 「孫をさらう」(『小説推理』2014年12月号)
  • 「異星人をつかまえる」(『小説推理』2015年1月号)

アンソロジー

編集

「」内が収録されている斉木香津の作品

エッセイ

編集
  • 「特別料理 思い出に残る、手造りの一品 menu 88」(『小説すばる』2014年3月号)[12]

インタビュー

編集
  • 第9回小学館文庫小説賞受賞作『千の花になって』刊行記念インタビュー 人間の肉声に迫る小説を書きたい(『本の窓』2008年9・10月合併号)[13]

脚注

編集
  1. ^ Amazon.co.jp:斉木 香津:作品一覧、著者略歴
  2. ^ 凍花:斉木香津/著 - セブンネットショッピング
  3. ^ 楽天ブックス:凍花 - 斉木香津 - 4575515604
  4. ^ 第十七回日本ファンタジーノベル大賞|新潮社
  5. ^ 編集者が選ぶ文庫小説賞発表! 『千の花も、万の死も』が受賞 ニュース
  6. ^ 第十五回 小学館文庫小説賞
  7. ^ 楽天ブックス:幻霙 - 斉木香津 - 4575238449
  8. ^ 斉木香津|実業之日本社
  9. ^ Twitter / saikikazu:びっくり。『凍花』がアマゾンのミステリー・サスペンス部門の1位に
  10. ^ a b WEBきらら from BookShop
  11. ^ 斉木香津『五十坂家の百年』発売中さんはTwitterを使っています:"ルース・レンデルさんが
  12. ^ Twitter / saikikazu:2月17日発売の『小説すばる』3月号に
  13. ^ 第九回小学館文庫小説賞受賞作『千の花になって』刊行記念インタビュー

外部リンク

編集