齋田 悟司(さいだ さとし, 1972年3月26日 - )は日本の車いすテニス選手でアテネパラリンピック金メダリスト。三重県生まれ、千葉県在住で右利き。斎田悟司とも表記される。

獲得メダル
車いすテニス
パラリンピック
2004 男子ダブルス
2008 男子ダブルス

人物編集

四日市市出身。野球少年だった12歳のとき、病気のため左足を切断した。友人たちと車いすバスケットボールをしていたが、14歳のとき、三重県で開かれた講習会に参加したことをきっかけに車いすテニスを始める。

1996年、アトランタパラリンピックでパラリンピックに初出場。1999年、公務員を離職し地元を離れ、吉田記念テニス研修センターの丸山弘道コーチのもとでトレーニングを開始する。2000年のシドニーパラリンピックでは8位入賞した。2002年にはジャパンオープンで優勝、2003年、日本人選手としては初めて国際テニス連盟が選出する世界車いすテニスプレイヤー賞を受賞した。2004年のアテネパラリンピックでは国枝慎吾と組み、男子ダブルスで優勝、2008年の北京パラリンピックでは男子ダブルスで銅メダルを獲得した。

主要大会獲得タイトル編集

男子シングルス編集

男子ダブルス編集

スーパーシリーズ編集

マスターズ編集

その他編集

国別対抗団体戦編集

受賞歴編集

2008年
三重県スポーツ栄誉大賞、千葉県知事特別賞

編集

  1. ^ a b c d e f g h i j パートナーは国枝慎吾(日本)。

外部リンク編集