メインメニューを開く

フェスピック (FESPIC Games) はアジアおよび太平洋地域の障害者スポーツの総合競技大会。フェスピックとは、極東・南太平洋身体障害者スポーツ大会を意味する英語名称、Far East and South Pacific Games for the Disabled の頭文字をとったものである。1975年から2006年まで9大会が開催された。欧米に比べて障害者アスリートの競技機会が限られていたアジア・太平洋地域において、中心的な地域別国際総合競技大会として機能、アジアパラ競技大会の先駆となった。

歴史編集

1974年大分にある社会福祉法人太陽の家の創設者、中村裕が提唱したことが始まりである。中村は「パラリンピックの父」とされるルートヴィヒ・グットマンに汎太平洋規模の障害者スポーツの総合競技大会の構想を伝え、これに対してグットマンは既にパンアメリカン競技大会が存在したことから、対象地域を極東および南太平洋とすることを提案した。[1]

第1回大会は1975年、皇太子皇太子妃臨席のもと、グットマンを招いて大分県別府市で開催された。この大会には、車いす四肢麻痺者だけでなく、視覚障害者、聴覚障害者、切断者脳性麻痺者など、さまざまな障害をもつ選手が出場した。[2]1999年にタイ、バンコクで開催された第7回大会は国際パラリンピック委員会の承認を受けた初のフェスピックとなった。さらに知的障害をもつ選手がこの大会から出場している。[3]2003年12月には香港で第1回フェスピックユース競技大会が開催され、15か国から480人が参加した。[4]

1990年代後半からの国際パラリンピック委員会における地域委員会創設の流れの中で、2001年にオセアニア地域、2002年にアジア地域をそれぞれ管轄する評議会が設立された。これを受けてアジア地域の障害者スポーツの統括団体を一本化する提案がなされ、2006年、フェスピック連盟はアジアパラリンピック評議会と合併、アジアパラリンピック委員会と改称した。これによってフェスピックは、史上最大規模で開催されたクアラルンプール大会が最後の大会となり、アジアパラ競技大会にその歴史が引き継がれることとなった。

大会一覧編集

実施競技編集

編集

参考文献編集