メインメニューを開く

齋藤 素巌(さいとう そがん、1889年10月16日 - 1974年2月2日)は、彫刻家、日本芸術院会員。本名は知雄(ともお)。

経歴編集

東京府東京市牛込区(現在の東京都新宿区)に生まれる。東京府立第四中学校(現在の東京都立戸山高等学校)を経て、東京美術学校(現在の東京芸術大学美術学部)西洋画科卒業。

1913年、英国へ渡り、ロイヤル・アカデミーで彫塑を学んで1916年に帰国、東京・本郷菊坂町に落ち着き、のちに田端文士村に転居。1918年、第12回文展で「敗残」が特選。1926年、日名子実三とともに彫刻建築の総合をめざして構造社を結成。1943年、現在の小平市学園東町に転居[1]

1935年、帝国美術院会員、1937年、帝国芸術院会員。1949年、日展運営会理事、1952年、国立近代美術館評議員、1958年、日展常務理事、1969年、日展顧問。1965年、勲三等瑞宝章受章。

脚注編集

  1. ^ その後、死去まで同地で過ごす。狭山・境緑道(小平グリーンロード)の小平駅花小金井駅間に齋藤の作品15基が設置され、「齋藤素巌・彫刻の小径」と名づけられている。

外部リンク編集