牛込区

日本の東京都にあった区

牛込区(うしごめく) は、東京府東京市(後に東京都)にかつて存在した区である。1878年(明治11年)から1947年(昭和22年)までの期間(東京15区及び35区の時代)に存在した。現在の新宿区の一部。

牛込区
廃止日 1947年3月15日
廃止理由 新設合併
淀橋区四谷区牛込区新宿区
現在の自治体 新宿区
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 東京都
面積 5.02km2.
総人口 20,771
(国勢調査人口、1945年10月1日)
隣接自治体 小石川区麹町区、四谷区、淀橋区
牛込区役所
所在地 東京都牛込区箪笥町15番地
座標 北緯35度42分2秒
東経139度44分2秒
 表示 ウィキプロジェクト
神楽坂(1908年)

歴史

区名は、古くに牛の牧場があり、牛が多くいたことから、「牛」が「込」(多く集まる)に由来するとされる。

交通

鉄道

神楽坂駅早稲田駅東京メトロ東西線)、飯田橋駅有楽町線南北線)、市ケ谷駅(有楽町線・南北線)、西早稲田駅副都心線)、曙橋駅都営地下鉄新宿線)、牛込神楽坂駅牛込柳町駅若松河田駅大江戸線)は開業していなかった。

教育機関

 
陸軍士官学校(1907年)

著名な出身者

現新宿区の著名な出身者については新宿区を参照

関連項目

関連書籍

外部リンク