斎藤緑雨賞(さいとうりょくうしょう)は、1992年に斎藤緑雨の出身地である鈴鹿市によって設立された文学賞。

選考委員に五木寛之高井有一中田耕治、清水信を迎え、その受賞者の顔ぶれが異彩を放ち注目されたが、1996年に市の財政難と、文化振興政策の対費用効果(宣伝効果)が薄いことを理由に廃止された。

受賞者編集