メインメニューを開く

斯波 義豊(しば よしとよ、応永22年(1415年)- 永享4年6月13日1432年7月10日))は室町時代の武将。斯波義淳の子。官途は従五位下治部大輔。

概要編集

応永22年(1415)、斯波義淳の嫡男として誕生。応永32年(1425年)11月20日に公家式にて元服[1]。武衛家(斯波本家)の慣例として室町殿[2]の上の字「義」を与えられ義豊と名乗る。「器用の人」[3]として将来を嘱望され、ゆくゆくは父・義淳の跡を継ぎ武衛家の惣領となる筈であったが、父に先立って18歳で没した。法名は護眞院殿道英梅林。義淳には他に娘が一人いるだけで男児がおらず、義豊の叔父である斯波持有を後継者としていたが、翌年義淳が重病となると、将軍・義教が家督相続に介入、義豊のもう一人の叔父で僧籍にあった斯波義郷を後継者に指名した。

脚注編集

  1. ^ 薩戒記』応永32年11月20日条。
  2. ^ なお、この年の2月に将軍足利義量は逝去しており、義豊の元服時は前将軍足利義持(顕山道詮)が法体のまま政務と採っていたため、義豊の「義」字は前将軍の俗名からの偏諱となった。当日は管領畠山満家の3男畠山持富(こちらは「持」字を賜っている)も同時に元服している。
  3. ^ 看聞日記』永享4年6月14日条。

参考文献編集