新宮凉園

新宮 凉園(しんぐう りょうえん、1852年嘉永5年) - 1925年大正14年))は、幕末・明治期の医者、官吏。

経歴編集

摂津国高槻生まれ。京都に住む。紀州藩医・新宮涼介の長男で、代々紀州藩の藩医を務めた新宮家の出身。

新宮涼庭が私財を投じて京都におこしていた医学塾、家塾・新宮涼庭塾順正書院)で蘭方医学を学び、江戸に出て叔父の松山棟庵が寄宿していた慶應義塾に住み込み、岩佐純西周蘭学、医術を学び、横浜に遊学してドクトル・シモンズに学ぶ。大学東校の教授となり、中毒療法の一編を翻訳して上梓する。横浜十全病院に通い、杉田武共研学社をおこす。

明治7年(1874年)に慶應義塾医学所の教頭となり、かつ太政官より医術開業免許を受ける。慶應義塾医学所の教員及び役員の杉田武小泉芳五郎上田藤太前田政四郎松山誠二沖野嘉太郎江島春熙宮田温片倉壽栄平野庄三郎らと共に、成医会東京医学会(後の日本医師会)の創立に尽力。

内務省御用掛として1882年(明治15年)奏任御用掛、医術開業試験対策調査事務となる。新宮涼庭の養子である涼民の娘、万寿枝と結婚し、養子となる[1]

著書編集

  • 『實弗的里亞論』
  • 『獨逸醫學辭典』

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本の英語辞書と編纂者』 早川勇

参考文献編集