メインメニューを開く

新望里駅(シンマンニえき)は大韓民国京畿道漣川郡漣川邑にある、韓国鉄道公社京元線。新望里は1954年に米軍が朝鮮戦争の避難民たちのために立てた集落で、ニューホープタウン(New Hope Town)の名で作られた。

新望里駅
駅舎(2007年撮影)
駅舎(2007年撮影)
신망리
シンマンニ
Sinmang-ri
漣川 (3.6km)
(7.0km) 大光里
所在地 大韓民国の旗京畿道漣川郡漣川邑ヨンシン路483番道 1(上里 131-1)
位置座標
所属事業者 韓国鉄道公社 
駅種別 無配置簡易駅・乙種委託販売所(漣川駅管理) 
所属路線 京元線 
キロ程 77.4km(龍山起点)
駅構造 地上駅 
ホーム 1面2線 
乗車人員
-統計年度-
188人/日(降車客含まず)
-2008年-
開業年月日 1956年8月21日 
新望里駅
各種表記
ハングル 신망리역 
漢字 新望里驛 
片仮名
(現地語読み仮名)
シンマンニヨク 
英語 Sinmang-ri Station 
テンプレートを表示

駅構造編集

単式ホーム1面1線を有する地上駅。 

のりば編集

1 京元線 全谷東豆川新炭里白馬高地方面

駅周辺編集

  • 上里初等学校 
  • 漣川農協 上里支所 
  • 漣川畜産 上里支所 

歴史編集

隣の駅編集

韓国鉄道公社 
京元線 
通勤列車 
漣川駅 - 新望里駅 - 大光里駅 

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 大韓民国交通部告示第473号
  2. ^ 鉄道庁告示第90号(1964年8月1日)

関連項目編集