メインメニューを開く
新荘郡役所

新荘郡(しんしょうぐん)は日本統治時代台湾に存在した行政区画の一つであり、台北州に属した。

概要編集

名はこの地の中心地である新荘街に由来する。新荘郡は郡役所が設置された新荘街以外に鷺洲庄五股庄林口庄、現在の三重市蘆洲市新荘市泰山郷五股郷林口郷等の地域を管轄していた。新荘郡と大稲を結ぶ台北大橋は、当時から現在にかけてまで重要な交通路となっている。1945年、終戦に伴い新荘郡は新荘区と改称され、新荘郡の街は鎮に、庄は郷に改編された。1950年、新荘区が廃止されると、この地域は台北県の管轄となった。その後は人口増加などの要因により泰山、蘆洲、三重などの地域が県轄市に昇格しているが、日本統治時代と比較してほぼ同一の行政区域となっている。

歴代首長編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『台湾総督府職員録 大正9年12月』、153頁。
  2. ^ 『台湾総督府職員録 大正11年』、240頁。
  3. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 大正14年』、240頁。
  4. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 大正15年』、248頁。
  5. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和3年』、280頁。
  6. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和6年』、327頁。
  7. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和7年』、326頁。
  8. ^ 興南新聞社 1943, 363頁.
  9. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和9年』、350頁。
  10. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和12年』、410頁。
  11. ^ 台湾新民報社 1937, 316頁.
  12. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和14年』、469頁。
  13. ^ 興南新聞社 1943, 382頁.
  14. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和15年』、385頁。
  15. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和16年』、416頁。
  16. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和18年』、226頁。

参考文献編集