メインメニューを開く

日光円蔵(にっこうのえんぞう、享和元年(1801年) - 天保13年(1842年[1])は、江戸時代後期の博徒

生涯編集

元は下野国板橋宿の晃圓という名のであった[1]が、のち上野国の博徒・国定忠治の子分となり、日光円蔵と称する。「その性機敏にして頓才に秀れ[1]」ていたため、忠治の軍師・参謀と言われる存在となる。

天保13年、捕縛される[1]。その後、刑死[2]とも牢死[1]したともいわれる。享年42[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 「日光圓藏」(『日本人名大事典 第五巻』 41頁)
  2. ^ 「國定忠治」(『日本人名大事典 第二巻』 425頁)

参考文献編集