メインメニューを開く

北島 正元(きたじま まさもと、1912年8月7日 - 1983年11月1日[1])は、日本の歴史学者東京都立大学名誉教授。専門は日本近世史

人物編集

新潟県柏崎市生まれ[1]。旧制長野中学(長野県長野高等学校)、松本高等学校文科乙類を卒業[2]し、1935年東京帝国大学(現東京大学)文学部国史学科卒業[3][1]。近世政治経済史を専攻し、1962年に「江戸幕府の権力構造」により東北大学から文学博士の学位を授与される[4]

1950年新潟大学助教授、1951年東京都立大学助教授、1959年同大学教授、同大学附属図書館長、1977年定年退官後は立正大学教授を務め、1983年退職。専門書のほか、一般向けの著書・編著を多く著した。

著書編集

編著・共著編集

参考文献編集

  • 『アルペン颪 旧制高等学校物語 松本高校編』(財界評論新社 1967年)
  • 村上直「北島正元氏の訃(学界消息)」『日本歴史』第429号、吉川弘文館、1984年、 111-112頁。

脚注編集