日本共産党中央委員会議長

日本共産党議長から転送)

日本共産党中央委員会議長(にほんきょうさんとうちゅうおういいんかいぎちょう)は、日本共産党中央委員会総会で選出される中央委員会の議長である。不破哲三第24回党大会で退任し、現在は空席である。いわゆる「党三役」にあたる要職の一つであり、党内では事実上の最高職として扱われた。

概説編集

日本共産党の「規約」は個人の職務としての「党首」を置いておらず、中央委員会が組織として対外的に党を代表している。形式上は党内最上位の地位となるが、初代議長となった野坂参三の時代から、名誉職的な色彩を帯びていた。さらに1997年の第21回党大会で規約が改正され、非常設の役職となった。現在までに3人の議長が存在した。そのうち、宮本顕治不破哲三は委員長退任後、議長に就任している。

日本共産党議長一覧編集

議長 在任期間
1   野坂参三 1958年 - 1982年
2   宮本顕治 1982年 - 1997年
3   不破哲三 2000年 - 2006年

関連項目編集