メインメニューを開く

一般財団法人日本皮革研究所(にほんひかくけんきゅうしょ、: Japan Institute of Leather Research、略称JILR)は、皮革類をはじめとする生体物質の基礎研究・応用研究を行う一般財団法人。日本皮革(現:ニッピ)の研究所に併設される形で1938年(昭和13年)に発足した。以前は経済産業省所管の財団法人だったが、公益法人制度改革に伴い、2011年(平成23年)4月1日に一般財団法人に移行。

概要編集

事業内容編集

マトリックス生体工学部門と分析センターの二つの部署で組織され、マトリックス生体工学部門はマトリックス生化学研究グループと皮革応用環境学グループからなる。

  • マトリックス生化学研究グループ - 皮革および、コラーゲンなど関連分野の基礎研究や、医薬への応用などの研究を行う。
  • 皮革応用環境学グループ - 皮革産業と環境に関する研究を行う。一例として、廃液汚濁の原因となる獣体毛や廃羽毛真菌による分解、および分解副産物の肥料創薬への応用などの研究を行っている。
  • 分析センター - 皮革の素材や製品について、色落ちや耐久性に関する試験を行うほか、コラーゲン食品の栄養分析、排水分析や重金属ホルムアルデヒドなどの分析を行う。日本皮革技術協会主催の「日本エコレザー基準」の認証検査機関に指定されている。

外部リンク編集