日本空手道泊親会

日本空手道泊親会(にほんからてどうはくしんかい)は空手道場。

概要・歴史編集

遠山寛賢の門下生の一人である伊藤幹之(二代目[要出典]会長)は1952年修道舘より独立。 東京都大田区に道場を開設し「日本空手道研究会」と称した。1966年遠山寛賢逝去後、伊藤幹之は有志を集め、遠山の旧姓「親泊 (おやどまり)」を冠した新会派「日本空手道泊親会」を結成した。

現在はループ会員4000名を超える団体へと成長させている。

歴代会長編集

  • 伊藤幹之(公認八段/連合会九段/範士) 2004年8月13日逝去
  • 田野安男(公認八段/連合会九段/範士) 神奈川県空手道連盟特別顧問 / 日本空手道連合会顧問 
  • 堀川博明(公認八段/連合会九段/範士) 静岡県清水道場代表