日本製鐵大阪製鉄所(にほんせいてつおおさかせいてつじょ)は、大阪市大正区南恩加島町6に存在していた[1]日本製鐵のかつての工場である。

歴史編集

大阪製鐵時代編集

日本製鐵時代編集

  • 1936年5月 - 日本製鐵が独立系の(旧)大阪製鐵より事業を買収 (なお、全従業員728名のほとんどは全国労働組合同盟に加盟していた[4])
  • 1945年 - 空襲により被災
  • 1949年4月 - 大阪製鉄所が分離され、大鐵工業株式会社が設立される (現在の大阪製鐵 大阪恩加島工場)。

関連項目編集

出典編集

  1. ^ a b 社会部報告第六六号 大阪市工場名簿 大阪市社会部調査課 1927年
  2. ^ 大阪市工場一覧 大阪市役所産業部 1930年
  3. ^ 勞働年鑑 労働年鑑編輯所 1920年5月15日
  4. ^ 勞働月報 第百八十一号 大阪市社会部庶務課 1936年5月
  5. ^ a b 國民年鑑 國民新聞社 1919年
  6. ^ 国を出てゝ四十七年(大阪宗像商会社長講演録) 宗像半之助 1927年11月
  7. ^ 全国主要工場鉱山名簿 協調会 草間時光 1922年
  8. ^ 朝鮮無煙炭好望 京都日出新聞 1917年12月13日
  9. ^ 平壌全誌 平壌商業会議所 1927年

外部リンク編集