日枝神社(ひえじんじゃ)は、宮城県栗原市金成中町に鎮座する神社。祭神は大山咋命。本殿・拝殿が宮城県指定有形文化財に指定されている。

日枝神社
Hiejinjya haiden, Kurihara.jpg
拝殿 (2019年3月)
所在地 宮城県栗原市 金成中町27
位置 北緯38度48分41.5秒
東経141度4分28.5秒
座標: 北緯38度48分41.5秒 東経141度4分28.5秒
主祭神 大山咋命
例祭 9月17日
地図
日枝神社の位置(宮城県内)
日枝神社
日枝神社
テンプレートを表示

歴史編集

奈良時代746年天平18年)に勧請されたのが始まりとされる。当初は別地に鎮座していたが、平安時代末期の貴族儒学者である清原業隆が当地に遷座したと伝えられている。元々は山王神社と称されたが、後に日枝神社に社号を改めた。明治時代初頭に発令された神仏分離令を経て1874年明治7年)に村社に列した[1]

文化財編集

本殿・拝殿
  • 本殿は行2間1間で、屋根は入母屋造板葺。正面中央の問に桟唐戸を吊り、前面に向拝・浜床を設けている。蟇股、虹梁や頭貫の木鼻、大面取の角柱、桟唐戸や長押に用いられた彫刻や飾金具の意匠などに安土桃山時代の特徴があり、その手法からみて、建築年代は江戸時代初期まで、と推定される。拝殿は、桁行3間・梁間2間、入母屋造、瓦葺、正面に千鳥破風の向拝を付けている。また3面に高欄付き縁を巡らしている。建築年代は不詳であるが、江戸後期のものとみられる。1985年昭和60年)5月24日、宮城県から有形文化財に指定された[2]

現地情報編集

所在地編集

  • 宮城県栗原市金成中町27

アクセス編集

周辺情報編集

脚注編集

  1. ^ 栗原市金成:日枝神社”. みや旅ネット. 2019年3月20日閲覧。
  2. ^ 日枝神社”. 宮城県. 2019年3月20日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集