日盈(にちえい、文禄3年3月3日1594年4月23日) - 寛永15年3月7日1638年4月20日))は、日蓮正宗総本山大石寺第18世法主。

略歴編集

  • 文禄3年(1594年)3月3日、誕生。
  • 元和8年(1622年)12月7日、本迹諍論によって勝劣派の所化数百人と下総国飯高・下総中村・上総国小西三檀林を退き、上総東金に移る。
  • 寛永5年(1628年)、陸奥国会津実成寺の住職となる。会津妙法寺日怡の法義の違乱を摧く。
  • 寛永10年(1633年)、大坊に入る。第18世日盈として登座す。
  • 寛永11年(1634年)、上総宮谷檀林の請いにより上総に『法華玄義』を講ず。
  • 寛永13年(1635年)、上総より帰山。
  • 寛永14年(1637年)8月、湯治のため会津に赴く。日精、再登座。
  • 寛永15年(1638年)3月7日、会津実成寺にて死去した。


先代:
日精
大石寺住職一覧 次代:
日舜