日直(にっちょく)とは、当直の一種で、その期間がほぼ1日に限定されるもの。

解説編集

日直とは、当直の一種で、その期間が1日に限定されるものを指す。別義として、1日のうち昼間だけを担当する当直を指す場合もあり、この場合の対義語は宿直である。前日または翌日の宿直と日直を継続して行う場合、宿日直と呼ばれる。なお兵庫県神戸市を中心に、学校における日直のことを日番(にちばん)と呼ぶ地域もある。

各所における日直編集

学校における日直編集

学校の日直の場合、児童生徒だけでなく、教員にも、日直があることがある。また、当直の期間が1週間の場合、週番(一部地域では「週直」という名称も用いられる)と呼ばれる。寄宿舎制、寮制をとる学校の場合、学校だけでなく、寮または寄宿舎においても舎監の補助等の仕事を行う場合がある。

自衛隊における日直編集

当直勤務者のことを日直と呼ぶ。当直勤務者は指定された腕章をつけている。ただし海上自衛隊の場合は当直勤務につくことを「ワッチにつく」と言い、「日直」はあまり用いられない。また少年工科学校においては一般の学校における日直のことは「当直」と呼び慣わしている。

警察における日直編集

休日の昼間に勤務する警察職員の勤務を日直勤務と呼ぶ。(岡山県警察では、通常の執務時間外の勤務のことを、時間を問わず、宿直という)

その他の日直編集

病院などの施設でも用いられることがある。

関連項目編集

外部リンク編集