日本国語大辞典

小学館が発行する日本で最大規模の国語辞典

日本国語大辞典(にほんこくごだいじてん)は、小学館が発行する日本最大で唯一の大型国語辞典である[注 1]。初版は日本大辞典刊行会編。

発刊編集

上田万年松井簡治による『大日本国語辞典』を引き継ぐ事業という性格をもつ。松井簡治の子松井驥、その子松井栄一三代の蓄積していたカード資料に注目した小学館が、1960年昭和35年)に出版を持ちかける。1964年(昭和39年)に、国語学者金田一京助や、広辞苑の著者・新村出大漢和辞典で知られる諸橋轍次を始め、佐伯梅友時枝誠記西尾実久松潜一山岸徳平という日本の国語学界を代表する学者を編集顧問に迎えて編集委員会が発足し、200名以上の執筆者を動員して本格的に編纂作業を開始する[2]

1972年(昭和47年)から1976年(昭和51年)の5年間にわたって刊行され、全20巻、45万項目、75万用例という大部の辞典となった。また別冊には主要出典一覧、方言資料などが収められる。活版印刷には図書印刷があたった。完結した1976年(昭和51年)に第30回毎日出版文化賞の特別賞を受賞。

新訂版編集

1979年(昭和54年)には、判型をA4変型からB5変型へ縮小した縮刷版(全10巻)を刊行。1981年(昭和56年)には1冊版の『小学館国語大辞典』も刊行され、他にも『故事俗信ことわざ大辞典』(1982年(昭和57年))が『日本国語大辞典』の情報をもととして刊行された。また『小学館国語大辞典』のデータは、刊行後にコンピュータ入力され、これをもとに『現代国語例解辞典』(1985年(昭和60年))、『言泉』(1986年(昭和61年))など小・中辞典が多数編纂された。

1987年(昭和62年)より図書印刷の光学式文字読取装置(OCR)によって初版のデータが読み込まれ、これに初版刊行後に小学館の刊行したさまざまな分野の辞典の成果も取り入れ、大幅な訂正・加筆を加えた第二版の刊行が企図される。編集委員会は1990年平成2年)に発足し、初版でも編集委員を務めている松井栄一林大を始め、北原保雄久保田淳谷脇理史徳川宗賢前田富祺渡辺実が編集にあたった。

第二版は、初版完結から24年の歳月を経て2000年(平成12年)から2002年(平成14年)にかけて刊行。B5変型、全14巻(本編13巻・別巻1)、50万項目、100万用例を収録し、別巻には漢字索引、方言索引、出典一覧を収録する。初版では批判があった用例に年代が付されていない点を第二版では大幅に改善した。また『日本方言大辞典』(全3巻、1989年(平成元年))をもとに、方言語彙を増補している点も特色としてあげられている[3]

2005年(平成17年)12月より、全3巻の精選版(30万項目、30万用例)が刊行された。

電子化の可能性は第二版のあとがきにも記されていたが、2006年(平成18年)11月14日に小学館とネットアドバンスよりオンライン版の公開が発表され[4]、2007年(平成19年)7月よりサービスが開始された。サービス名は「日国オンライン」で、ネットアドバンスが運営する総合オンライン辞書・辞典サイト「JapanKnowledge」のコンテンツの1つとして提供される。第二版の内容を網羅し、見出しだけでなく、全文、用例、方言、出典情報などについて、前方一致・後方一致などの条件で検索が可能となった。また、2007年(平成19年)8月には『精選版』全3冊の内容を図版含めフル収録した電子辞書カシオ計算機より発売された他、現在[いつ?]はSII(セイコーインスツル)からも発売されている。2016年(平成28年)にはジャストシステムより、かな漢字変換ソフトウェアATOKに「精選版日本国語大辞典 for ATOK」を同梱した版が発売された。2017年(平成29年)には物書堂によりiOS版(精選版)が発売されている。

書誌情報編集

初版編集

日本大辞典刊行会編『日本国語大辞典』小学館、20巻21冊、1972年(昭和47年)12月 - 1976年(昭和51年)3月

  1. ISBN 4095220015
  2. ISBN 4095220023
  3. ISBN 4095220031
  4. ISBN 409522004X
  5. ISBN 4095220058
  6. ISBN 4095220066
  7. ISBN 4095220074
  8. ISBN 4095220082
  9. ISBN 4095220090
  10. ISBN 4095220104
  11. ISBN 4095220112
  12. ISBN 4095220120
  13. ISBN 4095220139
  14. ISBN 4095220147
  15. ISBN 4095220155
  16. ISBN 4095220163
  17. ISBN 4095220171
  18. ISBN 409522018X
  19. ISBN 4095220198
  20. ISBN 4095220201

縮刷版編集

日本大辞典刊行会編『日本国語大辞典』縮刷版、小学館、全10巻、1979年(昭和54年)10月 - 1981年(昭和56年)4月

  1. ISBN 4095200014
  2. ISBN 4095200022
  3. ISBN 4095200030
  4. ISBN 4095200049
  5. ISBN 4095200057
  6. ISBN 4095200065
  7. ISBN 4095200073
  8. ISBN 4095200081
  9. ISBN 409520009X
  10. ISBN 4095200103

第二版編集

日本国語大辞典第二版編集委員会・小学館国語辞典編集部編『日本国語大辞典』第二版、小学館、全13巻 + 別巻、2000年(平成12年)12月 - 2002年(平成14年)12月、(販売価格、単冊15,750円、14巻セット220,500円)

  1. ISBN 409521001X
  2. ISBN 4095210028
  3. ISBN 4095210036
  4. ISBN 4095210044
  5. ISBN 4095210052
  6. ISBN 4095210060
  7. ISBN 4095210079
  8. ISBN 4095210087
  9. ISBN 4095210095
  10. ISBN 4095210109
  11. ISBN 4095210117
  12. ISBN 4095210125
  13. ISBN 4095210133
別巻 ISBN 4095210141

精選版編集

小学館国語辞典編集部編集『日本国語大辞典』精選版、小学館、全3巻、2006年(平成18年)

  1. ISBN 4095210214
  2. ISBN 4095210222
  3. ISBN 4095210230

オンライン版編集

個人向け月額1575円、法人向け月額1万5750円

電子辞書編集

いずれも精選版

関連文献編集

単行本編集

  • 山田忠雄『近代国語辞書の歩み:その摸倣と創意と』上下巻、三省堂、1981年(昭和56年)
  • 倉島長正『「国語」と「国語辞典」の時代』上下巻、小学館、1997年(平成9年)
  • 松井栄一『出逢った日本語・50万語:辞書作り三代の軌跡』小学館、2002年(平成14年)
    • 松井栄一『出逢った日本語・50万語:辞書作り三代の軌跡』ちくま文庫、2013年(平成25年)
  • 倉島長正『日本語一〇〇年の鼓動:日本人なら知っておきたい国語辞典誕生のいきさつ』小学館、2003年(平成15年)
  • 石山茂利夫『国語辞書事件簿』草思社、2004年(平成16年)
  • 松井栄一『国語辞典はこうして作る:理想の辞書をめざして』港の人、2005年(平成17年)
  • 石山茂利夫『国語辞書:誰も知らない出生の秘密』草思社、2007年(平成19年)
  • 倉島長正『国語辞書一〇〇年:日本語をつかまえようと苦闘した人々の物語』おうふう、2010年(平成22年)
  • 松井栄一『日本人の知らない日本一の国語辞典』小学館新書、2014年(平成26年)
  • 神永曉『辞書編集、三十七年』草思社、2018年(平成30年)
  • 今野真二『『日本国語大辞典』をよむ』三省堂、2018年(平成30年)

雑誌等掲載文献編集

  • 大野晋「小学館発行「日本国語大辞典」:この人間臭いものの内側」『朝日ジャーナル』15(7)、1973年(昭和48年)
  • 久保忠夫「35のことばに関する7つの章:「日本国語大辞典」の完結を機に」『季刊芸術』10(4)、1976年(昭和51年)
  • 中村彰彦「歴史の交差点(336)『日本国語大辞典』解説文への疑問」『週刊ダイヤモンド』88(44)、2000年(平成12年)
  • 松井栄一「「最大の国語辞典」の完成」『本の窓』24(11)、2001年(平成13年)
  • 武藤康史 「五十万語のドラマ:「日本国語大辞典」第二版と松井栄一」『文學界』56(3)、2002年(平成14年)
  • 今野真二「『日本国語大辞典』全巻読破のひとり旅(第1回)」『Kotoba』23、2016年(平成28年)
  • 今野真二「『日本国語大辞典』全巻読破のひとり旅(第2回)」『Kotoba』24、2016年(平成28年)
  • 今野真二「『日本国語大辞典』全巻読破のひとり旅(最終回)」『Kotoba』25、2016年(平成28年)

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 広辞苑』を大型辞書とする勘違いがみられるが、『日本国語大辞典』第2版のみが国語辞書で唯一の大型辞書である[1]

出典編集

  1. ^ 第1回 はじめに | 『日本国語大辞典』をよむ(今野 真二) | 三省堂 ことばのコラム” (日本語). 三省堂WORD-WISE WEB -Dictionaries & Beyond- (2017年2月12日). 2022年8月2日閲覧。
  2. ^ 倉島長正『辞書の家』松井栄一氏ロングインタビュー、日付不明、ジャパンナレッジ 、2020年令和2年)12月22日閲覧
  3. ^ 『日本国語大辞典』 第二版「あとがき」 - 2020年(令和2年)12月22日閲覧。
  4. ^ 野津誠全13巻からなる小学館の「日本国語大辞典」、2007年夏からネット配信 - 『INTERNET Watch』2006年(平成18年)11月14日

外部リンク編集