メインメニューを開く
 
日野家宣
時代 平安時代後期 - 鎌倉時代前期
生誕 文治元年(1185年
死没 貞応元年10月27日1222年12月1日
別名 藤原家宣
官位 従三位参議
主君 後鳥羽天皇土御門天皇順徳天皇仲恭天皇後堀河天皇
氏族 藤原北家真夏流日野家
父母 父:日野資実、母:八条院女房播磨局
兄弟 家宣家長家光光国、光恵、光厳、兼性、忠承
兼宣兼俊兼嗣兼資
テンプレートを表示

日野 家宣(ひの いえのぶ)は、平安時代後期から鎌倉時代前期にかけての公卿藤原北家真夏日野家権中納言日野資実の長男。官位従三位参議

経歴編集

早くから大学に入り、建久9年(1198年)学問料を下給され、正治3年(1201年)には文章得業生に補任された。建仁2年(1202年但馬少掾に初任。

建仁3年(1203年六位蔵人に補任の後ほどなく従五位下右衛門尉に叙任される。摂政近衛家実家司を務め、元久元年(1204年)には従五位上・兵部権大輔に叙任され、建永2年(1207年武蔵権介に任ず。承元4年(1210年)には正五位下に進んだ。

承元5年(1211年五位蔵人に補任され、右少弁に転じる。同年左少弁に転じた後、建暦3年(1213年)正五位上に叙される。権右中弁を経て、建保3年(1215年従四位下。建保7年(1217年)には正四位下・左中弁に叙任され、承久2年(1220年)左大弁に転じる。承久3年(1221年)に従三位に叙され公卿に列し、長門権守を兼任。勧学院別当を務め、同年中に参議に任ぜられるが、翌貞応元年(1222年)10月27日出家し、同日薨去。享年38。

官歴編集

※以下、『公卿補任』に記載に従う。

  • 建久9年(1198年)6月14日:穀倉院学問料を賜う。
  • 正治3年(1201年)正月30日:文章得業生に補す。
  • 建仁2年(1202年)正月:但馬少掾に任ず。
  • 建仁3年(1203年
    • 正月9日:献策す(抜任勝帝王佳献)。正月10日:六位蔵人に補す。正月13日:右衛門尉に任ず。祭使宣旨。3月10日:従五位下に叙爵。
  • 元久元年(1204年)3月5日:兵部権大輔に任ず。12月25日:従五位上に叙す(父卿造内裏行事賞譲)。
  • 元久3年(1206年)2月26日:内裏昇殿を聴す。
  • 建永2年(1207年)正月13日:武蔵権介に任ず。
  • 承元4年(1210年)正月6日:正五位下に叙す(策労)。
  • 承元5年(1211年
    • 正月18日:五位蔵人に補す。禁色を聴す。9月8日:右少弁に任ず。蔵人を止む。10月13日:左少弁に転ず。
  • 建暦3年(1213年)正月16日:正五位上に叙す(策労)。
  • 建保2年12月1日(1215年1月2日):権右中弁に転ず。
  • 建保3年(1215年)正月5日:従四位下に叙す。
  • 建保6年(1218年)正月13日:右中弁に転ず。12月13日(1219年1月1日):右宮城使に任ず。
  • 建保7年(1219年)正月5日:従四位上に叙す。正月22日:左中弁に転ず。10月5日:正四位下に叙す(稲荷祇園行幸行事賞)。
  • 承久2年(1220年)正月22日:左大弁に転ず。
  • 承久3年(1221年)正月5日:従三位に叙す。正月13日:長門権守を兼ぬ。月日:勧学院別当に補す。8月29日:参議に任ず(大弁如元)。
  • 貞応元年(1222年)10月27日:出家、尋いで薨ず。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 名は兼綱兼持とも表記される。
  2. ^ 尊卑分脈』によれば長男。『民経記寛喜元年6月10日条によれば末子という。