日野 秀彦(ひの ひでひこ)は、背骨の歪みを整えて不調を改善する運動プログラム背骨コンディショニングの創始者であり一般社団法人背骨コンディショニング協会の代表理事[1]である。

来歴編集

北海道生まれ[2]。日本の大手スポーツクラブの第1期フィットネスディレクターとして、フィットネスアスリート不定愁訴改善などの運動プログラムを開発・プロデュースした[2]。独立後は、背骨の歪みを整えて不調を改善する独自の運動プログラムである「背骨コンディショニング」を創始[2]した。背骨コンディショニングは、西洋医学では、動かない、若しくは数ミリ単位でしか動かないとされている仙腸関節をセンチ単位で動かし、仙腸関節を起点に全身を調整しようとするプログラムである。日野は、その改善メカニズムを「仙腸関節可動理論」「神経牽引理論」「骨のずれによる代償姿勢と症状」に整理して説明する[3][4][5][6]

所属編集

受賞歴編集

  • NEXT AWARD トレーナー・インストラクター・オブ・ザ・イヤー2015 プログラムディレクター部門 最優秀賞受賞[3]

書籍編集

著書編集

監修編集

脚注編集

参考文献編集

  • 日野秀彦「著者紹介」『20万人の腰痛を治した!背骨コンディショニング(第1刷)』アチーブメント出版、2014年。ISBN 978-4905154723
  • クラブビジネスジャパン編『月刊ネクスト』2016年4月号NO.109、2016年、17-18頁。
  • わかさ出版編『わかさ』2015年8月号、2015年。ASIN B00XVHU0AO
  • わかさ出版編『腰らく塾』vol.3、2017年。ASIN B072BW3NPG

関連項目編集

外部リンク編集