メインメニューを開く

不定愁訴(ふていしゅうそ)は、臨床用語[1]で、患者からの「頭が重い」、「イライラする」、「疲労感が取れない」、「よく眠れない」などの、「なんとなく体調が悪い」という強く主観的な多岐にわたる自覚症状の訴えがあるものの、検査をしても客観的所見に乏しく、原因となる病気が見つからない状態を指す。

症状が安定しないため治療も難しく、周囲の理解も得られにくい。

もとは1963年11月[2]から出稿された第一製薬第一三共ヘルスケアの前身)の静穏筋弛緩剤「トランコパール」の広告コピーのために造語された言葉[3]で、翌年には流行語[4]となり、やがて臨床の場で定着した。

診断編集

まずは一般的な身体的疾患の診察、検査を行う[5]身体表現性障害心身症、軽症うつ病気分変調症パニック障害全般性不安障害心的外傷後ストレス障害急性ストレス反応適応障害などの可能性が含まれる[5]自律神経失調症と診断されることも多い。

さらに中重程度のうつ病でないことを明確に除外する[5]精神病双極性障害てんかん行動障害認知症物質乱用などについても除外する[5]。過去のストレス経験、自殺念慮、自傷行為の有無について問診する[5]

管理編集

酒類を控える
コミュニティ活動

不適切なセルフメディケーション(たとえばアルコール乱用薬物乱用)につながらないように指導する[5]。これらは依存症を引き起こし、症状を悪化させる。

ストレス削減法(「ストレス管理」も参照)と、社会的ネットワークの再活性化を提案する[5]。可能な限り、以前の社会活動(家族、友人、隣人、職場、スポーツ、地域活動)に参加を続けるよう提案する[5]呼吸法もアドバイスできる[5]

原因がパートナーの喪失にある場合は、患者と文化社会的に適切なプロセスについて話し合い、それを支援する[5]

その原因が重度のストレスに晒されたことによるもので、かつこれらを行っても症状が6か月以上続く場合は専門医へ紹介する[5]心的外傷後ストレス障害(PTSD)が疑われ、症状が1か月以上続く場合は専門医へ紹介する(「心的外傷後ストレス障害#治療」も参照)[5]。また、認知行動療法の有効性も実証されている[6]

先進国であっても、ビタミン欠乏症やその他の必須栄養素の栄養失調を原因とする不定愁訴が、体力の無い子供、高齢者に見られる。

歯の嵌合改善で程度が軽くなったとする報告がある[7]

出典編集

  1. ^ 不定愁訴 コトバンク - 典拠は『ブリタニカ国際大百科事典』、小学館『家庭医学館』など
  2. ^ 第一製薬(株)『第一製薬八十年史』(1997.03) 渋沢社史データベース
  3. ^ 『広告キャッチフレーズ 現代語のドラマ』有斐閣選書、1981年 pp.88-91 山路龍天「第3章 キャッチフレーズの詩学 3 ことば遊び あるいは複眼思考の効用」。コピー文面は「肩こり症、腰痛症にトランコパール。不定愁訴とトランキラキサント効果」。同書では登場年を1965年としている。
  4. ^ 世相風俗観察会(編)『現代風俗史年表』河出書房新社、1986年 p.161
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 世界保健機関 2016, OTH.
  6. ^ Francis Creed,Peter Henningsen, Per Fink(編)太田大介(編)(2014).不定愁訴の診断と治療--よりよい臨床のための新しい指針--.星和書店,104頁.
  7. ^ 尾澤文貞、咬合改善による不定愁訴の変化 日本未病システム学会雑誌 2002年 8巻 2号 p.164-167, doi:10.11288/mibyou1998.8.164

参考文献編集

  • mhGAP Intervention Guide - Version 2.0, for mental, neurological and substance use disorders in non-specialized health settings (Report). 世界保健機関. (2016). ISBN 978 9241549790. http://www.who.int/mental_health/mhgap/mhGAP_intervention_uide_02/en/. [リンク切れ]

関連項目編集