日野 鼎哉(ひの ていさい、寛政9年(1797年) - 嘉永3年5月24日1850年7月3日))は日本の医師。豊後国出身[1]

帆足万里フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトに師事した[1]。1849年にオットー・モーニッケが輸入した痘苗を入手し、京都に除痘館を開き種痘を行った[1]笠原良策緒方洪庵に痘苗を分苗した[1]

大正4年(1915年)、正五位を追贈された[2]

出典編集

  1. ^ a b c d 日本大百科全書(ニッポニカ). “日野鼎哉” (日本語). コトバンク. 2020年7月9日閲覧。
  2. ^ 田尻佐 編『贈位諸賢伝 増補版 上』(近藤出版社、1975年)特旨贈位年表 p.37