旭堂南陵

日本の講談師の名跡

旭堂 南陵(きょくどう なんりょう)は、上方講談講釈師)の大名跡。旭堂一門の留め名。本来は「あさひどう」と読ませていたが江戸と区別させる為「きょくどう」となった。

  • 初代旭堂南陵 - 本名:浅井 金次郎(1858年 - 1911年)駿河生まれ。元は東京を拠点にしていたが旅回りの末大阪に移住した。生玉神社の御旅所の席主も兼ねた。「義士伝」を得意とした。世話好きで門弟に養った。晩年「旭堂一道」と改名。
  • 2代目旭堂南陵 - 本項にて記述。
  • 3代目旭堂南陵 - 当該項目で記述。
  • 4代目旭堂南陵 - 当該項目で記述。

2代目 旭堂きょくどう 南陵なんりょう
2代目 .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}旭堂(きょくどう) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}南陵(なんりょう)
二代目南陵(1955年)
本名 浅井あさい 靏造つるぞう
生年月日 1887年9月15日
没年月日 (1965-11-19) 1965年11月19日(78歳没)
出身地 日本の旗 日本大阪府大阪市
師匠 4代目正流斎南窓
初代旭堂南陵
3代目神田伯龍
初代旭堂南陵
弟子 3代目旭堂南陵
名跡 1.正流斎鶴窓
(1895年 - 1896年)
2.旭堂南花
(1896年 - 1897年)
3.神田龍生
(1897年 - ?)
4.神田小伯龍
(? - 1900年)
5.初代旭堂小南陵
(1900年 - 1909件)
6.2代目旭堂南陵
(1909年 - 1965年)
活動期間 1895年 - 1965年
家族 初代旭堂南陵(義父)
3代目旭堂南陵(次男)
受賞歴
1951年 大阪市民文化賞
1955年 NHK放送文化賞
1996年 第1回上方演芸の殿堂入り
備考
関西演芸協会初代会長

2代目旭堂 南陵(きょくどう なんりょう、本名:浅井あさい 靏造つるぞう1877年(明治10年)9月15日 - 1965年(昭和40年)11月19日)は、上方の講談師。大阪市生まれ、88歳没。初代の弟子で養子。

経歴編集

人物編集

  • 戦前は上方唯一の講釈師として多くの演目を残し孤軍奮闘。戦後は親子で上方講談の復興に尽力した。
  • 上方落語協会発足時、講釈師の会員は2代目南陵と2代目旭堂小南陵のみであった。
  • 「難波戦記」「太閤記」「祐天吉松」などを得意とした。

脚注編集

外部リンク編集