昇平天国(しょうへいてんごく)は、末の1854年から1857年まで存続した、天地会の蜂起軍が広西省湖南省に建立した政権である。

広西省出身の胡有禄は、1846年湖南省寧遠を攻撃するが敗退し、広西省に退却していた。胡有禄は1852年朱洪英とともに南寧で挙兵し、灌陽を占領し、国号を昇平天国と定め、胡有禄は定南王、朱洪英は鎮南王を称した。その後再び湖南省に進出し、1855年には太平天国石達開江西省で合流することを目指し、5月に東安県を陥落させたが、9月に湘軍に敗れ、胡有禄は新寧県で捕えられ処刑された。朱洪英は江華県永明県から広西省に逃れた。1856年3月、柳州を占拠するが、1857年6月に清軍に敗れ、貴州省古州に退却した。しかし黎平県で湘軍の田興恕に敗北した。

その後朱洪英は広西省・湖南省・貴州省の省境で活動を続けたが、最終的に1874年耒陽県で捕えられ、処刑された。

文献編集

  • 中国大百科全書:天地会之史料及其参考書目