明恵帝姫(めいけいていき、皇祐3年(1051年) - 元豊5月17日1080年6月13日))は、北宋英宗の次女。正妻の高皇后(宣仁皇后)の次女で、神宗の同母妹である。

明恵帝姫
続柄 英宗第2皇女

称号 蜀国長公主(追贈:明恵大長帝姫)
身位 公主→長公主
出生 皇祐3年(1051年
死去 元豊5月17日1080年6月13日
(享年32)
配偶者 王詵
子女 王彦弼
父親 英宗
母親 宣仁皇后
テンプレートを表示

生涯編集

父帝の英宗が即位すると、宝安公主の位を授けられた。治平4年(1067年)正月、兄の神宗により舒国長公主に進封された。熙寧2年(1069年)7月、蜀国長公主に改封され、左衛将軍の王詵に降嫁した。王詵との間に王彦弼を産んだが、夭折した。

公主は母の宣仁太后や姑の盧氏に孝事し、王氏の家族をみな援助した。盧氏は寡居の身であったが、公主の近所で暮らし、毎日美食をふるまわれた。盧氏はまた重い病いを患ったが、公主はみずから薬を持って看病した。公主は「賢主」と称賛された。

王詵は画家として著名であり、奔放で自由な生活を好んだ。公主は夫に対して厳しくなかったため、王詵は蘇軾らの芸術家としばらく放蕩生活をした。結局、元豊2年12月26日(西暦で1080年)に王詵は免職されたが、翌年(西暦で同年)4月、公主が病気中にその求めで復職された。公主の看病の際、王詵は侍女たちと公主の側で姦通し、侍女たちは公主を嘲笑した。公主は自身を看病する太后や神宗にこのことは黙っていた。翌日(5月17日、西暦で6月13日)、公主は30歳で薨去した。神宗は号泣して公主の府邸に急ぎ、朝廷を5日間停止した。

その後、公主の乳母は王詵のことを神宗に上告した。神宗は激怒し、王詵は免職追放され、8人の侍女は兵卒と結婚させられた。公主は越国長公主を追贈され、「賢恵」とされた。元祐元年(1086年)11月、越国大長公主の位を再追贈された。元符3年(1100年)3月に甥の徽宗により秦国大長公主を改贈され、荊国大長公主に進み、政和2年(1112年)閏4月に魏国大長公主を改贈された。政和4年12月(西暦で1115年)、賢恵大長帝姫の位を再追贈され、翌年(西暦で同年)正月、明恵大長帝姫を改贈された。

伝記資料編集

  • 宋史
  • 『宋会要輯稿』