メインメニューを開く

明月院(めいげついん)は、神奈川県鎌倉市山ノ内にある臨済宗建長寺派の寺院。山号を福源山と称する。本尊は聖観音、開基(創立者)は上杉憲方、開山(初代住職)は密室守厳(みっしつしゅごん)である[1]アジサイの名所として知られ、「あじさい寺」の通称がある[2]北条時頼の墓所も敷地内にある。

明月院

Meigetsu-in Kamakura Main-Hall.jpg
本堂


所在地 神奈川県鎌倉市山ノ内189
位置 北緯35度20分5.97秒
東経139度33分5.24秒
座標: 北緯35度20分5.97秒 東経139度33分5.24秒
山号 福源山
院号 明月院
宗派 臨済宗建長寺派
本尊 聖観音
創建年 応永元年(1394年)以前
開基 上杉憲方
別称 アジサイ寺
札所等 鎌倉観音霊場第三十番
文化財 木造上杉重房像、ほか
法人番号 5021005001984
明月院の位置(神奈川県内)
明月院
明月院の位置(日本内)
明月院
テンプレートを表示

目次

歴史編集

 
山門(あじさいの季節)
 
明月院やぐら
 
方丈内の「悟りの窓」

山内上杉家の祖、関東管領・上杉憲方は密室守厳を開山として、明月院を開創した。憲方の没年は応永元年(1394年)で、それ以前の開創である。

なお、寺伝では、平治の乱で没した山内首藤俊通(やまうちすどうとしみち)の菩提のため、永暦元年(1160年)、その子の経俊が「明月庵」を建立したのが草創とされ、憲方は中興者とされているが、実際の開基は憲方とみるのが通説である。

明月院は、禅興寺という寺の塔頭であったが、本体の禅興寺明治初年頃に廃絶し、明月院のみが残っている。

禅興寺の起源は鎌倉幕府5代執権北条時頼にまで遡る。時頼は別邸に持仏堂を造営し、最明寺と名付けたが、時頼の死後は廃絶していた。時頼の息子の北条時宗蘭渓道隆を開山としてこれを再興し、禅興寺と改名した。

現在は、「あじさい寺」として有名で、花のシーズンにはたいへんな混雑をみせる。この寺でアジサイを植えたのはさほど古い事ではなく、第二次世界大戦後に、物資や人手が不足して参道を整備する杭が足らず、杭の代わりに「手入れが比較的楽だから」という理由で、アジサイを植えたものが次第に有名になったという。アジサイの他にも1年中花が絶えず、紅葉でも知られる。他に冬は蝋梅、春はが咲く。

境内編集

境内には北条時頼廟、北条時頼墓(宝篋印塔)、鎌倉十井の1つである「瓶(つるべ)の井」(「甕(かめ)の井」とも)、「明月院やぐら」と称される、岩を掘りぬいた墓室(憲方の墓とされる宝篋印塔を安置)などがある。1984年昭和59年)2月9日、「明月院境内」として国の史跡に指定された。

文化財編集

 
木造上杉重房坐像
明月院 鎌倉国宝館に寄託

重要文化財編集

史跡編集

  • 明月院境内

その他編集

  • 塑造北条時頼坐像 - 鎌倉時代には珍しい塑造の肖像彫刻。

交通編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 鎌倉市史編纂委員会『鎌倉市史 社寺編』吉川弘文館、1979年10月31日、337頁。
  2. ^ 柴田博・相川浩子『鎌倉名刹巡礼』シバ、1996年4月15日、337頁。ISBN 4-915543-06-4

関連項目編集

外部リンク編集