メインメニューを開く

来歴編集

現在ロマリンダクリニック心療内科医(1993年〜)、福島県立医科大学講師。

人物編集

精神科医として編集

注意欠陥・多動性障害ADHD)、アスペルガー障害学習障害などの発達障害に詳しい児童精神医学の第一人者である。その豊富な臨床経験から摂食障害境界性パーソナリティ障害などのパーソナリティ障害の治療でも知られる。また自身がADHDであることを公表している[4]

がんの克服編集

1990年3月に大腸がんと診断され、手術を行い、闘病生活を送ることとなった。同年8月にがん肝臓に転移し、本人は「国立がん研究センターの統計では5年生存率は0%であった」と語っている。 しかし、東京オンコロジークリニックの大場大は星野氏と同様な2個の大腸がん肝転移の手術後5年生存率は約60%であって0%ではないとしている[1]。 結局、エタノール局所注入法が成功し[2]、現在でも臨床の最前線で診療を続けている。その後、マックス・ゲルソンドイツ語版英語版スペイン語版ノルウェー語版の提唱する食事療法を実践している。

学会編集

著書編集

単著編集

  • 『学習障害・MBDの臨床』新興医学出版社、1992年。ISBN 9784880023557
  • 『ガンと闘う医師のゲルソン療法』マキノ出版、1998年。ISBN 9784837610960
  • 『知って良かった、アダルトADHD』ヴォイス、2004年。ISBN 9784899760689
  • 『末期がんを克服した医師の抗がん剤拒否のススメ』アスコム、2005年。ISBN 9784776202806
  • 『気づいて!こどものこころのSOS』ヴォイス、2006年。ISBN 9784899760818
  • 『機能不全家族 —心が折れそうな人たちへ…』アートヴィレッジ、2007年。ISBN 9784901053624
  • 『発達障害に気づかない大人たち』祥伝社、2010年。ISBN 9784396111908 のち黄金文庫
  • 『末期がんを克服した医師のゲルソン療法のススメ —5年生存率0%からの生還』アスコム、2010年。ISBN 9784776206026 のちマキノ出版・ビタミン文庫『ガンを食事で治す星野式ゲルソン療法』
  • 『それって、大人のADHDかもしれません』アスコム、2011年。ISBN 9784776206491
  • 『「空気が読めない」という病 —大人の発達障害の真実』ベストセラーズ、2011年。ISBN 9784584123201
  • 『発達障害に気づかない大人たち<職場編>』祥伝社、2011年。ISBN 9784396112370
  • 『発達障害を見過ごされる子ども、認めない親』幻冬舎、2011年。ISBN 9784344982093
  • 『がんの芽をつむにんじんジュース健康法』アスコム、2011年。ISBN 9784776206743
  • 『子どものうつと発達障害』青春出版社、2011年。ISBN 9784413043342
  • 『大人の発達障害を的確にサポートする!』日東書院本社、2012年。ISBN 9784528019133
  • 『それって「大人の発達障害」かも? 正しい理解と上手なつきあい方』大和出版、2012年。ISBN 9784804762104
  • 『私は発達障害のある心療内科医 —「いつも生きづらさを感じている人」への処方箋』マキノ出版、2013年。ISBN 9784837671886
  • 『なんだかうまくいかないのは女性の発達障害かもしれません』PHP研究所 2015
  • 『知って良かった、大人のADHD 発達アンバランス症候群社会に適応できない人たちへ』ヴォイス出版事業部(VOICE新書 2015
  • 『家族という病巣』セブン&アイ出版 2015
  • 『発達障害に気づかない母親たち』PHPエディターズ・グループ 2016
  • 『発達障害を仕事に活かす』2017 朝日新書
  • 『会社の中の発達障害 いつも嫌なことを言う上司、いつも迷惑をかける部下』集英社 2017

共著編集

共編編集

監修・翻訳編集

  • ジェロルド・J・クライスマン、ハル・ストラウス、監訳、白川貴子訳『境界性人格障害(BPD)のすべて』ヴォイス、2004年。ISBN 9784899760702
  • ルシンダ・バセット、監訳、片山奈緒美訳『わたしもパニック障害だった』ヴォイス、2004年。ISBN 9784899760733

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.383
  2. ^ a b ジェロルド・J・クライスマン(原著)、ハル・ストラウス(原著)、星野仁彦(監)、白川貴子(訳)『境界性人格障害(BPD)のすべて』ヴォイス、2004年6月。ISBN 9784899760702 巻末
  3. ^ 星野仁彦. “児童の精神疾患における血清Serotoninの意義”. 国立国会図書館. 2013年5月9日閲覧。
  4. ^ 星野仁彦『私は発達障害のある心療内科医 —「いつも生きづらさを感じている人」への処方箋』マキノ出版、2013年2月。ISBN 9784837671886

関連人物編集

関連項目編集

外部リンク編集