メインメニューを開く

春日王 (志貴皇子の子)

日本の奈良時代の皇族

春日王(かすがおう、生年不詳 - 天平17年4月28日745年6月2日))は、奈良時代皇族天智天皇の孫。二品志貴皇子の子。位階正四位下

経歴編集

養老7年(723年)二世王の蔭位により無位から従四位下に直叙される。聖武朝において、天平3年(731年)従四位上、天平15年(743年正四位下と昇叙される。

天平17年(745年)4月28日卒去。最終官位散位正四位下。

官歴編集

続日本紀』による。

系譜編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「春原系図」『続群書類従』巻第172所収、『本朝皇胤紹運録』、『公卿補任
  2. ^ a b 『万葉集』巻4-0669
  3. ^ a b 鈴木真年『百家系図稿』巻10,天智天皇御流
  4. ^ 高田王は神亀元年(724年)に従四位下に直叙されていることから二世王と想定され、春日王の子とするのは誤りか。
  5. ^ 中田憲信『皇胤志』では江原王とする。

参考文献編集