春秋一刀流』(しゅんじゅういっとうりゅう)は、1939年(昭和14年)6月1日公開の日本映画である。日活京都製作。監督・脚本・原作は丸根賛太郎、主演は片岡千恵蔵モノクロスタンダード、74分[1][2][3]。初回興行は富士館[3]

春秋一刀流
監督 丸根賛太郎
脚本 丸根賛太郎
原作 丸根賛太郎
出演者 片岡千恵蔵
原健作
志村喬
轟夕起子
沢村国太郎
撮影 谷本精史
製作会社 日活京都撮影所
配給 日活
公開 日本の旗 1939年6月1日
上映時間 74分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

丸根賛太郎の監督第一回作品。丸根の脚本を気に入った片岡千恵蔵の後押しで実現したもので、時代劇に新風を巻き起こし、前年亡くなった山中貞雄の再来と騒がれた。[4]

あらすじ編集

千葉道場を破門となった平手造酒。知り合った只木巌流、多聞重兵衛ともども笹川の繁蔵の用心棒に雇われ、「天保水滸伝」として知られる博徒同士の抗争に巻き込まれる[4]

スタッフ編集

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ 春秋一刀流日活
  2. ^ 春秋一刀流(KINENOTE)
  3. ^ a b 春秋一刀流(日本映画データベース)
  4. ^ a b 『ぴあシネマクラブ'90 邦画篇』、ぴあ、P.246

外部リンク編集