春道新名
時代 平安時代前期
生誕 不明
死没 不明
官位 従五位下能登守
主君 光孝天皇宇多天皇醍醐天皇
氏族 春道氏
父母 父:春道永蔵
兄弟 新名、弥継
額田道継娘
列樹、沢雄
テンプレートを表示

春道 新名(はるみち の にいな)は、平安時代前期の官人内蔵助春道永蔵の子。官位従五位下能登守

経歴編集

民部録を経て、光孝朝仁和2年(886年)正月に右少史に任ぜられると、同年3月には左大史まで昇進する。仁和5年(889年従五位下肥前介に叙任されると、昌泰3年(900年能登守と、宇多朝から醍醐朝にかけて地方官を務めている。

官歴編集

『古今和歌集目録』による。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ a b c 鈴木真年『百家系図稿』巻9,春道宿禰
  2. ^ 鈴木真年『百家系図』巻52,河内国河内郡額田邑住高内氏家譜

参考文献編集

  • 宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年