春雨家雷蔵

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

春雨家 雷蔵春雨や 雷蔵(はるさめや らいぞう)、雷門 雷蔵(らいもん らいぞう)は、落語家名跡。亭号は初代及び2代目は雷門とも称した。

  • 初代春雨家雷蔵 - 最初は2代目古今亭今輔の門で今三郎、明治35?6年頃に5代目雷門助六(後の3代目古今亭志ん生)の門で雷門雷蔵となる。後に亭号を春雨家とした。本名は田中巳之助。
  • 2代目春雨家雷蔵 - 元は2代目雷門雷蔵。真打となった際に亭号を春雨家に改める。後に8代目翁家さん馬。本名は菅谷徳之助。
  • 3代目春雨家雷蔵 - 元は6代目春風亭柳枝門下で枝好。旅回り専門となった際に襲名。真打となった際に初代桂小金治、その後2代目桂枝太郎を襲名。本名は池田芳次郎。
  • 4代目春雨や雷蔵 - 元は8代目雷門助六門下で助三。真打となった際に春雨や雷蔵を襲名。本名は山田良平。