メインメニューを開く

時の添乗員

時の添乗員』(ときのてんじょういん)は岡崎二郎漫画作品。2000~01年にビッグコミック増刊号で掲載され、2002年に小学館ビッグコミックスとして発行された。単行本には「第1巻」の表記があるが、2巻以降は発売されていない。

目次

あらすじ編集

とある地下駅の改札口の近くで旅行代理店「ジャパン・ライフ旅行社」のパンフを勧めるその男、主人公:時の添乗員。悩みを持つ人毎々に『私どもには、特別なツアーが用意してありまして……失礼ですが……それは今、あなたがお悩みになっていることを、解決してくれるかもしれませんよ。』と言い、更にこう付け加える。『あなたが行ってみたい、戻ってみたい……と思う過去の一点に、お連れするツアーです』と……。悩みを持つ人々は、1回300万というそのツアーを疑いつつも、自分の行ってみたい過去への憧憬を夢見て、男の申し出を受ける。そして各客は、外見は理髪店である小さな店へ呼ばれ、そこでタイムリープを経験することとなる。

登場人物編集

1話ごとの読み切りなので、毎回必ず出てくる登場人物は、主人公:時の添乗員だけである。

時の添乗員
年齢・氏名など多くの謎が残されるサラリーマン風の男性。「ある人」に頼まれ、失われた過去の一転へ人々を案内する添乗員の仕事をしている。話の終盤では、『この仕事を私に与えてくれる≪雇い人≫の正体は、何も分からないと。私自身が、実験室のネズミではないのかと。でも、私は思うのです。過去に戻った人たちは、いつも心から満足して、現在に帰ってきます。あの人たちの幸せな表情……私はそれを忘れることが出来ません。』など、人生についての語りや、人間の過去への執着を語る。

サブタイトル編集

  • 第1話/あの日への旅立ち
  • 第2話/消えた証拠
  • 第3話/交換日記
  • 第4話/藤子像
  • 第5話/結婚指輪
  • 第6話/恩人
  • 第7話/赤富士の赤
  • 第8話/時を旅する者

関連項目編集

既刊一覧編集

ビッグコミックス 小学館(発売日は[1]より)

※ 未収録作品 心のヒーロー

脚注編集