時の石』(ときのいし)は、栗本薫SF短編、およびそれを表題作とする短編集。

概要編集

雑誌掲載された3編のSF作品を収録して編纂された短編集として、1981年3月に角川書店から発行された。のち、1983年5月に角川文庫から発行された。

表題作「時の石」は、栗本のSF作品としては、「幽霊時代」所収の「ケンタウロスの子守唄」と並ぶ、最初期の作品である。栗本によれば、本作はもともと「S-Fマガジン」用に書かれたものであったが、同誌の編集長であった今岡清に掲載を断られたため、改めて「野性時代」誌に売り込んだものであったという。

書誌編集

収録作品編集

  1. 時の石
    初出:『野性時代』1978年11月号
  2. 初出:『SFアドベンチャー』1980年9月号
  3. BURN(紫の炎)
    初出:『野性時代』1980年12月号