智雄

智雄(ちゆう、生没年不詳)は、奈良時代法相宗新羅の出身。

703年(大宝3年)智鳳智鸞らとともに入唐し、慈恩大師(または窺基)の法孫で法相第3祖の濮陽(ぼくよう)大師智周に師事して法相宗を学んだ。日本において法相宗を広め、日本法相宗の第3伝とされている。